銀座5丁目にあるアクセサリーのお店『TAMARU産』(タマルサン)
TAMARU産のスタッフプロフィール
タマル産

田丸姉妹が作るオリジナル樹脂アクセサリーのお店、銀座-TAMARU産のブログです。個性溢れるアクセサリーをお届けしています!

TAMARU産スタッフプロフィール
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
FC2カウンター
2012.09.13 (Thu)

ヘアゴムのゴムの交換



mb-ph-18pp.jpg


当店のヘアゴムは、ゴムがだめになったら交換できます。

有料(300円〜600円税抜き)で承っております。

ご自分でやりたいという方のために、ちょっとしたこつをお知らせいたします。


01_201503161219371dd.jpg

当店のヘアゴムヘッドとゴムとそのゴム隠しの金属パーツです。


02_201503161219382c8.jpg

ゴムはだいたい20cmくらいでご用意ください。

これは髪の量や好みもあるので、それは調整してください。



03_2015031612194072c.jpg



まず交換用のゴムを通して、最後に結び目を作ります。



04_20150316121941439.jpg

この時に、ぐんぐんに引っ張って結び目を小さくします。



05_201503161219443f6.jpg

わたしは手が痛くなるので、両手にペンチを持ってぐいぐいと引っぱります。

ゴムの種類にもよるので、あまり結び目が小さくなりすぎると、金属パーツの中をするっと
抜けてしまうことがあるのですよ。


ここが長年の経験でもって、結び目をちょうどいい大きさにします。

06_20150316122000768.jpg


そして、最後はみ出たゴムをぎりぎりのところで、はさみで切ります。



07.jpg

切っちゃって、はじけないの?と思いますでしょう?


ぐんぐんに引っ張られて小さくなった結び目は、びくともしません。

08.jpg

そして、ぐいぐい片側に引っ張って、金属パーツの中におさめます。

09.jpg


これで出来上がりです。


それでも、わたしもけっこう失敗することがあります。


結び目が大きくて、金属パーツに入らないのです。


そうすると手がもう痛くってねえ。


ほどくにももうほどけなくて、最後、切ってやり直しです。


そのだめになったゴムは、自分用になり、お風呂のときに使います。

たくさん持ってます。



または、1号にバトンタッチします。


握力が強いんでしょうねえ。


続けざまに失敗したときは、もう全部1号にたくします。



失敗して手が痛くなったらお持ちください。

mb-ph-18pp-5.jpg


ヘアゴム一覧はこちら



(タマル2号)










スポンサーサイト


TAMARU産 店舗案内(銀座店)
TAMARU産 フォトコレクション(カタログ)
TAMARU産 日曜日はおトクなタマルサンデー
TAMARU産 メンバーセール(わけあり商品)
TAMARU産 限定1点もの